在宅ワーク

在宅ワークで稼ぐ方法で考慮すべき要素

在宅ワークは稼げる額だけで評価すべきではない

最近では在宅ワークに取り組む人が増えたので、それについての情報も溢れています。
その中で在宅ワークは儲からない、と言う声もよく聞かれます。

 

確かに調べてみれば、在宅ワークの賃金は低いものが多いです。大体が出来高払いなのですが、時給換算すると200円にも満たない場合もあります。
しかし、それはデータ入力などの比較的スキルの必要ない業種の話です。
低賃金の仕事は作業が簡単で、参入するのも易しいというメリットがあります。賃金が低いからと、それだけで低評価すべきではありません。

 

一方、翻訳やプログラミングなどの専門職になると、かなりの高時給になります。できるなら誰しもそちらをやりたいところですが、実際はこれらの仕事は難易度が高く、限られた人しかできないという大きなデメリットがあります。

 

このように、稼げる額だけでなく、仕事のレベルや参入障壁も在宅ワークをやるにあたっての大きなポイントになります。

 

本サイトでは筆者が実際に経験した、あるいは見聞きした様々なお金を稼ぐ方法について以下の要素を評価してみました。
★稼げる額
★参入簡易度
★作業簡易度

 

これに加えて
★稼げる確実性
★稼げるスピード
★安全性(主にお金を失うリスクで判断。しかし、その他もリスクも考慮)

の6点で評価しています。
すべてを兼ね備えた方法を追求するのではなくて、自分に合った方法を見つけ出す、手がかりにしていただければ幸いです。
※なお、在宅ワーク一般については在宅ワーク内職入門もご一読下さい。※まじめな副業も在宅ワークについて参考になります。